売掛債権担保融資とファクタリングの違いは?

個人事業主やフリーランスは、毎月決まった金額のお給料が得られるわけではありません。そのため、手元の現金が少なくなると、経営や生活が不安になってしまいますよね。会計上では黒字なのに支払サイトのズレ(運転資金)により、現金が不足するということはよくある話です。

そんな時にさまざまな資金調達方法が頭に浮かぶと思いますが「売掛債権担保融資」という資金調達方法をご存知でしょうか?この記事では売掛債権担保融資とよく比較される「ファクタリング」との違いも併せて説明します。

ファクタリングとは?

今月の支払いどうしよう...取引先からの入金は、まだ先だし。フリーランスとして働いていると、たまに起きてしまうこんな状況。特に、取引先が切り替わるタイミングや、大きな案件を受けた直後など、キャッシュフローが怪しくなることもしばしば。[…]

売掛債権担保融資とは?

売掛債権担保融資とは、ABL「Asset Based Lending」とも呼ばれ、銀行など金融機関による借入方法の一つです。

一般的に金融機関から融資を受ける際には、万が一のデフォルト(債務不履行)に備えて、不動産や定期預金などを担保を差し入れることがほとんどです。しかし、不動産を所有していない場合やまとまった金額の定期預金がない場合などに、売掛債権を担保として融資を受ける方法として売掛債権担保融資があります。

売掛債権担保融資では、売掛債権を金融機関が担保とするために以下の方法をとります。

  • 売掛先から承諾を得る(契約、同意書を交わすなど)
  • 売掛先に対して通知を行なう(通知書の確認してもらう)
  • 売掛債権の譲渡を法務局にて登記する(売掛債権譲渡登記)

ほとんどの場合は売掛先に融資について知られたくないという思いから売掛債権譲渡登記を選ぶようです。

また、中小企業向けに信用保証協会保証付きの融資もあります。信用保証協会の保証がつくと銀行としてもデフォルト時の残債回収リスクが減るので、プロパー融資(金融機関単独の融資)比べると金利が安く抑えられる可能性が高いです。

参考:中小企業庁

ファクタリングと売掛債権担保融資との違いは?

ファクタリングと売掛債権担保融資はよく比較されますが、具体的な違いはどんなところにあるのでしょうか。

ファクタリングは売掛債権を譲渡

ファクタリングは売掛債権を手数料を支払うことでファクタリング会社に譲渡する契約を結びます。すなわち、ファクタリングは売買契約であるため、資金調達といってもお金を借りるわけではないのです。

融資には法律上利息に対する規制がありますが、現段階でファクタリングの手数料に対する規制はありません。そのため、ファクタリング会社では買取率が高くても売掛先の信用力が低ければ手数料がかなり高く吊り上げられてしまうケースもあるのです。

また、売掛先が決済できなかったとしても、ファクタリングの場合は契約者に補填する義務は生じないという特徴もあります。(契約内容により例外もあります。)

尚、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。売掛先と契約を結ばない2社間ファクタリングも売掛債権担保融資と同じく債権譲渡登記をしなくてはいけません。

売掛債権担保融資は金融機関からの借入

売掛債権担保融資は金融機関からの借入なので、上限金利の規定があります。そのため、法外に高い利息を取られるという心配はありません。上限金利は、借入金額に応じて年15%~20%となり、それ以上になることはありません。

参考:日本貸金業協会

また、ファクタリングは売掛債権が決済されたものがファクタリング会社に入金されることになるので、契約者本人よりも売掛先の信用力が大切です。

一方、売掛債権担保融資の場合は、あくまで契約者に対する融資なので契約者の信用力が大切になります。そのため、売掛先の信用力が高くても契約者の信用力が著しく低い場合は融資を断られる場合もあるでしょう。

万が一、契約者が返済できなくなった場合には、登記した売掛債権から融資の残債が回収されます。そして、売掛債権担保融資は売掛先が何らかの事情でデフォルトしてしまった場合、契約者に返済の義務が生じることになるので、その点には注意が必要ですです。

また、ファクタリングは売掛債権ごとに契約を結びますが、売掛債権担保融資の場合は継続して売掛金が見込まれる場合、長期での借入も可能です。たとえば毎月100万円ずつ同じ企業からの売掛金が発生している場合、1ヶ月毎に更新しなくても一年間の融資とすることもできます。ただし、この借り入れ期間中に売掛金が融資金額を下回らないように金融機関からのモニタリングは必要となります。

売掛債権担保の掛け目の決まり方

売掛債権担保融資では、売掛金額と同額の融資を受けられるということはありません。売掛先の信用力により掛け目が設定されており、この掛目までなら融資を受けられるのです。掛け目の内容は金融機関によってことなりますが、以下のような分類で分けられることが多いようです。

  • 大企業・上場企業
  • 中堅企業
  • 中小企業・零細企業

たとえば、大企業の掛け目が90%と設定していて、その売掛債権が1,000万円であれば900万円まで借り入れができるという具合です。

万が一、融資の返済ができなくなった時に売掛債権から融資額を回収することになりますが、大企業ほど債権がデフォルトするリスクが低く、中小企業はデフォルトするリスクが高いということになります。それぞれのリスクに合わせて保守的に見積もられるのです。

売掛債権担保融資のメリット

売掛債権担保融資は、担保提供できる不動産などを所有していない中小企業や創業したての企業にとって売掛債権さえあれば担保提供できるので利用しやすいです。

また、売掛債権担保融資はファクタリングに比べて金利が安く抑えられる傾向にあります。審査から融資を実行するまでに時間がかかりますが、なるべく安く抑えたいという場合は売掛債権担保融資を選んだ方が良い場合もあるでしょう。

売掛債権担保融資を利用する時の注意点

商取引上の契約で「売掛債権譲渡禁止特約」がある場合がありますが、その場合は売掛債権担保融資は利用することができません。もし利用したい場合は売掛先にこの特約を解除してもらう必要があります。

また、売掛債権担保融資では売掛先の信用力の調査をしたり、商取引における契約書・発注書・請求書・納品書などの書類を確認することから始めます。金融機関としては万が一の場合にきちんと回収できるかということを入念にチェックしたいからです。そのため、書類の準備や確認にも時間がかかりますし、もし信用できないとなれば融資を断られる可能性もあるのです。

実際に融資が始まってからも長期間の融資であれば、定期的に売掛債権の状況をモニタリングされて、基準値より売掛債権の額が下回った場合にペナルティを支払わなければいけないというルールが設けられる商品もあります。

さらに、ファクタリングでは売掛先の信用力が大切なので契約者が赤字だったり、税金を滞納したりしていてもほとんど審査には影響しません。ただし、売掛債権担保融資は契約者の信用力により融資の可否を決めるので、赤字や税金滞納はマイナスポイントとなります。融資の審査が厳しい銀行の場合は断られる可能性もあるでしょう。

また金融機関の方針によっては融資のために保証人が必要になるケースもありますし、法人しか利用できない場合もあるようです。

まとめ

ファクタリングが売買契約による債権譲渡に対して、売掛債権担保融資は金融機関からの融資となります。どちらも売掛債権を利用した資金調達方法ですが、全く異なるものということが分かっていただけたのではないでしょうか。

売掛債権担保融資は、必要な書類を準備したり審査したりでファクタリングよりも資金調達までに時間がかかる傾向にあるようです。

また、ファクタリングは売掛先の信用力に左右されますが、売掛債権担保融資は契約者の信用力により融資判断がされるという点も覚えておきましょう。

一般的に、金利水準はファクタリングよりも売掛債権担保融資の方が抑えられる可能性が高いです。そのため、時間がかかってもコストを抑えたい場合には売掛債権担保融資のほうが向いています。

ただし、売掛債権担保融資は個人事業主やフリーランスでは利用できないケースも多いようです。その点で、売掛先の信用力があれば利用でき、審査から入金までの期間が短いファクタリングの方が便利と言えるかもしれません。

ファクタリング業者10社徹底比較

この記事では「ファクタリングを利用してみたいけど、どの業者を選べば良いかわからない...。」そんな方に向けて、ファクタリング業者それぞれの手数料や資金調達日数、業者ごとの特徴などを徹底比較しました。それぞれに個性がありますので、是[…]