iDeCoで老後資金を貯めよう!節税効果バツグンの資産運用

iDeCo、NISA、つみたてNISA、ふるさと納税は今や節税手段の代表格で、利用者も年々増加の一途をたどっています。どれか一つでも利用しているという方は多いのではないでしょうか。

今回はその中からiDeCoについて解説していきます。iDeCoとは個人型確定拠出年金のことであり、老後資金を貯める・増やすことを目的とする制度です。しかし実際に、上手く利用するとかなりの節税効果が期待できる制度となっています。

水上克明氏のプロフィール画像
監修者
■監修者:ファイナンシャルプランナー 水上克明
FP1級、CFP保有。慶応義塾大卒業後、大手金融機関に就職。現在は、ライフプラン・資産運用等のアドバイスを行っており、新聞、Webなど各メディアでも取り上げられている。著書『50代から老後の2000万円を貯める方法』。

iDeCoとは?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。もう少し詳しく説明すると、確定拠出年金法に基づいて運営されている年金で、自分で積み立てることのできる年金です。

iDeCoは、定期預金・保険・投資信託などの金融資産を自分で運用して老後資金を増やしていくための制度です。加入は任意で、積み立てる年金の運用先も自分で選ぶことになります。

年金といえば、国が運営している国民年金や会社が運営している企業年金が今までの日本の年金制度の主流でした。そうした中で登場したのがiDeCoです。今までの年金とは別に積み立てをすることにより、老後資金をより着実に貯めることができる制度となっています。

自分はいくら?人によって変わる積立額

iDeCoには、職業によって加入できる額に上限があります。加入前には自分の上限額がいくらなのか確認するようにしましょう。

▼iDeCo積み立て上限額一覧

自営業者月額68,000円
会社に企業年金がない会社員月額23,000円
企業型DCに加入している会社員月額20,000円
DBと企業型DCに加入している会社員月額12,000円
DBのみに加入している会社員月額12,000円
公務員など月額12,000円
専業主婦(夫)月額23,000円

最低金額は5,000円からで、飲み会を1~2回我慢すれば始められる金額です。初心者の方でも加入しやすい価格設定なのが嬉しいですね。その後は1,000円単位で上記の上限まで積立額を選ぶことができます。

参考:iDeCoをはじめるまでの5つのステップ|iDeCo公式サイト

何でみんなiDeCoを始めているの?iDeCoのメリット・デメリット

iDeCoを始めている人は、ここ数年で急激に増えてきたと思いませんか?雑誌の特集やニュース番組のお得情報のコーナーでも、たびたび目に留ります。その理由は何なのでしょうか、iDeCoのメリット・デメリットを通して解説していきます。

iDeCoのメリット

iDeCoを始める一番の理由は、掛金の全額所得控除が受けられることです。iDeCoを積み立てるために使ったお金は、課税所得から全額控除することができます。具体的には小規模企業共済等掛金控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます。

税金面での優遇制度はさらに2つ適用があります。iDeCoを運営することによって得られた利益の運用益が非課税となること(通常は運用益に対し20.315%の税金)です。また、年金受給年齢対象となった際に受給する額を退職所得控除、公的年金等控除とすることもできます。

以上のように、税金面での節税効果は圧倒的です。例えば、会社に企業年金がない会社員の方が1年間満額iDeCoを利用したとすると、276,000円分も所得控除を受けることができます。

iDeCoには他にもメリットがあります。国の税制優遇制度だけあり、運用にかかる手数料が通常の資産運用に比べてかなり抑えられています。

また、iDeCoは定期預金・保険・投資信託といった金融資産を運用することによって、利益を増やし、結果として老後資金を増やしていく制度です。そのため、上手く運用することができれば、普通預金や定期預金では実現することのない額の運用益を得ることができる可能性があります。

参考:iDeCoの特徴|iDeCo公式サイト

iDeCoのデメリット

メリットだらけにみえるiDeCoにも、もちろんデメリットが存在します。

まずは、60歳(年金受給開始年齢)以降になるまで掛金を引き出すことができないことが挙げられます。iDeCoは長期的に資産を運営することにより、老後資金を増やしていくことが特徴です。そのため、短期での利用はできないようになっています。近いうちにまとまった資金が必要な方は、iDeCoの月額掛金を十分検討の上、加入するようにしましょう。

続いては手数料です。口座の開設費用や維持費用、そして売買時などに手数料が必要となります。金融資産をiDeCo以外で運用することに比べれば安い金額ですが、それでも出費を伴いますので、しっかり念頭に入れておくようにしましょう。

最後は、iDeCoが金融資産であることによるデメリットです。iDeCoは長期的に資産を運営することで利益が得られる商品ですが、確実な予測はできないため、期待したよりも得られる利益が少ない可能性があります。もちろん、利益どころか損失になることもあり得るのです。

みんながiDeCoを始める理由

ここまで、iDeCoのメリット・デメリットを解説してきました。ここまでお読みいただいた方が一番に思うことは「損失になる可能性があるのになぜiDeCoを始めるのか?」ということでしょう。

その理由は、メリット・デメリット双方を勘案して、メリットの方が大きいと判断する人が多いためです。iDeCoには確かにデメリットがありますが、iDeCoのもつ節税効果はそれ以上に魅力的だと感じる人が大勢いるからです。

初心者でもできた!iDeCoの始め方

ここからは、iDeCoの始め方について簡単に解説していきます。iDeCoを始める方は、基本的にみんな初心者です。そのため、どこの会社でもネットに初心者向けのページが設置されており、わかりやすくなるよう工夫が施されています。手続きに際にして何か迷ったことがあれば、初心者向けのページを参照してくださいね。

1.銀行・証券会社(運営管理機関)を選んで申し込む

まずは、iDeCoで金融資産を運用する銀行・証券会社などを選びます。会社によって、取り扱っている金融資産の内容が違っていたり、手数料の額が違っていたりします。

また、申し込み時にお得なキャンペーンを展開していたり、運用することに対してポイントが付与されたりすることもあります。会社を選ぶときは様々な視点から会社を選ぶようにしましょう。アプリの使いやすさも現代人にとっては忘れてはいけない視点ですね。

2.書類を書く

次に、銀行で書類を記入します。ネットバンクやネット申し込みの方は、郵送されてくる書類へ記入をしましょう。

筆者が申し込みをした際は、この書類の取り交わしに苦戦しました。届くまでも時間が掛かりますし、届いてからも時間がかかります。金融商品ですので、難しい説明書きが複数同封されています。すべてに目を通すためにはそれなりの時間が必要ですので、時間には余裕をもって手続きを進めるようにしましょう。

3.投資額・投資商品を選ぶ

引き落とし口座の設定や個人確認などの手続きが完了した後は、商品の選定と掛金額の決定を行ないます。

iDeCoは、長期間運用し、私たちの大事な老後資産となります。いくら掛けるのか、何に掛けるのかは非常に重要なポイントです。しっかり比較・検討することが必要です。

iDeCoの掛金額は1年に1度変更することができます。そのため、最初は無理のない金額から始めるようにしましょう。

まとめ

iDeCoは初心者でも始めやすい資産運用です。そして、加入者にとっては非常に嬉しい節税効果をもたらしてくれるものです。申し込みの際にはメリット・デメリットをしっかりと比較して、納得のいく金融資産を選ぶよう心がけましょう。