ファクタリングの仕組みを解説!お金の流れや契約方法は?

資金繰りが苦しくなったら、金融機関から融資が頭に浮かぶ人が多いかと思います。しかし、銀行などからの融資は個人事業主やフリーランスにとってはハードルが高く、簡単には融資を受けられない場合もあるでしょう。

そんな時には、「ファクタリング」という資金調達方法があります。ファクタリングの仕組みや契約の仕方、どんなファクタリング会社を選ぶべきかを紹介します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、商売上で発生した売掛債権をファクタリング会社に売却(債権譲渡)することで決済日より前に現金化できるようになる仕組みです。

日本の商習慣は、物やサービスなどの提供をした後に代金が支払われることが多いですが、この代金を取得する権利を売掛債権といいます。

売掛債権をファクタリング会社に手数料を支払うことにより買い取ってもらうことで、実際に売掛金が決済されるより早く現金化ができるのです。

ファクタリング会社にとっては、売掛先がきちんと決済できるかが重要になるため、主に売掛先の信用力によって審査されます。万が一、売掛先が決済できなかった場合に、売掛金の請求が申込人(売掛債権を売る契約者)にされないことも特徴です。

そのため、売掛先の信用力低い場合は債務不履行になるリスクが高いとして、手数料も高くなります。

また、売掛先との契約で債権譲渡を禁止となっている場合はファクタリングを利用できないので注意が必要です。

ファクタリングとは?

今月の支払いどうしよう...取引先からの入金は、まだ先だし。フリーランスとして働いていると、たまに起きてしまうこんな状況。特に、取引先が切り替わるタイミングや、大きな案件を受けた直後など、キャッシュフローが怪しくなることもしばしば。[…]

ファクタリングの仕組みとは?

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという仕組みがあります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、契約者とファクタリング会社の2社で契約を結びます。そのため、最短で即日の資金調達が可能で、取引先に知られずにファクタリングできるのがメリットです。

また、2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社が第三者に債権が譲渡されたことを主張できる(第三者対抗要件)ために、債権譲渡登記が必要になります。この債権譲渡登記をすることは売掛先に報告する必要はありませんが、登記は誰でも見ることができるので、100%売掛先にバレないとは言い切れない点では注意が必要です。

決済時のお金の流れについてですが、売掛金の決済時に一度契約者の口座を通してファクタリング会社へ売掛金を支払うこととなります。そのため、ファクタリング会社としては契約者に売掛金を持ち逃げされてしまうリスクもあり、手数料水準が高くなってしまうのはデメリットといえるでしょう。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、契約者・売掛先・ファクタリング会社で契約を結びます。売掛金の決済時の入金は、直接ファクタリング会社の口座に入ることになるので、ファクタリング会社としては回収リスクが軽減されます。そのため、2社間ファクタリングと比べるとファクタリング手数料も安く抑えることができるのです。

しかし、売掛先にも了承を得て、書類の記入などをしてもらわなければいけないので、資金調達までに時間がかかることがデメリットです。また売掛先に「現金化が必要ということは、経営が危ないのでは?」という不安を抱かせてしまうことで、その後の取引に影響を与える可能性もあるかもしれません。

ファクタリングの仕組みを徹底解説

資金繰りが苦しくなったら、金融機関から融資が頭に浮かぶ人が多いかと思います。しかし、銀行などからの融資は個人事業主やフリーランスにとってはハードルが高く、簡単には融資を受けられない場合もあるでしょう。そんな時には、「ファクタリング[…]

ファクタリングの種類

一口にファクタリングと言っても、業態に合わせてさまざまな種類があります。

一括ファクタリング

最も一般的なファクタリングで、「売掛債権」を保有する企業または個人が行なうファクタリングを指します。

医療報酬債権ファクタリング

医療費は、自己負担が約3割で7割は保険金から回収することになります。この7割の保険金のことを医療報酬と言いますが、この医療報酬の入金までには3ヶ月程度を有するとのことです。この医療報酬分をファクタリング会社に買い取ってもらい、実際の入金より早く資金調達するファクタリングを医療報酬債権ファクタリングといいます。

似たようなファクタリングとして、介護報酬債権ファクタリングや調剤報酬債権ファクタリングなども存在します。

国際ファクタリング

国際取引を行なう企業が、海外の輸入企業から支払われる予定の売掛債権を買い取ってもらうファクタリングのことです。なお、国際ファクタリングは必ず3社間ファクタリングの契約になります。

家賃収入ファクタリング

不動産経営で家賃収入を得ている場合に利用できるファクタリングです。定期的に安定した家賃収入がある場合は、売掛債権の信用度は高いと判断されて手数料は低くなります。

ファクタリングに向いているケース

ファクタリングに向いているのは以下のケースです。

  • 担保・保証人が用意できない
  • 一刻も早く資金調達がしたい

金融機関から融資を受ける場合、一般的に担保や保証人などの差し入れが必要になります。まだ創業したばかりで担保にできるようなものを所有していないという場合は、担保を用意するのが難しいですよね。そんな時に、担保や保証人が必要ないファクタリングは便利です。

また、金融機関での融資は、相談から融資実行までに3週間ほどかかります。信用力がないと判断されてしまえば時間だけ取られて審査に落ちる場合もあるでしょう。その点、ファクタリングは審査も早く、最短即日で資金調達できるので、一刻も早く資金調達が必要な場合に向いています

ファクタリングを契約するにはどのような手続きが必要?

ファクタリングを契約するには、まず必要書類を用意してファクタリング会社へ申込みをします。最近ではオンラインのみで完結するサービスもあり、気軽に利用できるようになっているようです。

利用するファクタリング会社により必要書類は異なりますが、法人登記簿謄本・印鑑証明書・身分証明書・決算書(確定申告)・売掛金を証明できる書類・通帳などの売掛金の入金を確認できるものなどを用意する必要があります。

審査が通ったら契約となりますが、3社間ファクタリングの場合は売掛先とも契約を結ぶことになります。契約が完了したら売掛金から手数料や実費が差し引かれた額が入金される流れです。

ファクタリングの契約手順

ファクタリング契約では、契約書のやりとりが必要です。しかし、初めてファクタリング契約をする場合、どのような流れで契約をするのか?契約の際の注意点は?必要書類や手数料はどのぐらい掛かるのか?ファクタリングに関する悩みを持って[…]

どんなファクタリング会社を利用すべき?

ファクタリング会社は数多く存在しており、中には手数料が非常に高い悪徳業者も存在します。融資の場合、利息の上限が法律で定められていますが、ファクタリング手数料には法的な規制がありません。そのため、ホームページなどに手数料を明記している会社を選んだ方が安心といえます。

一刻も早く資金調達が必要という場合は、2社間ファクタリングの利用ができて、即日の資金調達実績がある会社を選ぶべきです。

また、法人としか取引できないファクタリング会社もあるので、個人事業主でも利用できるかはよく調べた方が良いでしょう。

まとめ

ファクタリングは、商取引上で発生する売掛債権をファクタリング会社に手数料を支払い買い取ってもらうことにより、売掛債権の決済日より早く現金化できる資金調達方法です。

2社間ファクタリングは、債権譲渡登記をすることにより、売掛先にファクタリングについて知らせることなく手続きを行なうことができます。そのため、最短即日の資金調達も可能です。

ただし、売掛債権の決済時に一度契約者の口座を経由してファクタリング会社へ入金されるので、ファクタリング会社としてのリスクは高くなり、手数料も高くなります。

3社間ファクタリングは売掛債権の決済時に直接売掛先からファクタリング会社に入金することになるため、2社間ファクタリングに比べるとリスクは低く、手数料も低くなります。

ファクタリングは、売掛先の信用力があれば個人事業主やフリーランスでも利用できるものもあります。融資に比べると手軽でスピーディに現金化が可能ですので、是非資金調達の一つとして検討してみてくださいね。

ファクタリング会社10社比較

収入が安定しにくい個人事業主・フリーランスにとって資金繰りの悪化は自身の生活にも影響するので死活問題ですよね。しかも、開業したばかりなど実績がない間は金融機関からの融資のハードルは高いでしょう。そんな個人事業主・フリーランスには売[…]