副業の確定申告ってどうやるの?やり方と注意点をご紹介

副業で初めて確定申告を行う方の中には、「どうしたらいい?」「私も確定申告必要?」など、今までと違う確定申告に戸惑いを持つ方も多いはず。かくいう筆者もその一人。今回は副業で初めて確定申告をする方に向けて、「そもそも確定申告って何?」や「何に気を付けるべき?」という疑問を解消していきます。

そもそも確定申告とは?

確定申告とは、1年間(1月1日から12月31日)の収入額を正確に把握し、それに対する税金額を計算すること。基本的に、翌年の2月16日から3月15日の間に申告を行なうことになります。

会社員の場合は、会社で年末調整・確定申告ともに行なってくれます。しかし、個人事業主はそうはいきません。経費の精算、控除資料の確認、収入額の把握まですべて自分で行なう必要があります。

副業でも確定申告は必要?

上記で「会社員の場合は、会社で年末調整・確定申告ともに行なってくれます。」とご説明しました。では、副業をしている人はどうなるのでしょうか?会社が確定申告をしてくれるのだから、再び確定申告はしなくてもいいのでしょうか?

答えは「NO」。副業をしている人は、自分で確定申告を行なう必要があります。会社が把握しているのは、会社から支給されている給与所得のみ。会社に情報のない副業分の収入は、自分で確定申告を行なう必要があるのです。

逆に言うと、自分で確定申告をするため、会社で確定申告を行なってもらう必要はなくなります。副業をしている人は、自分で確定申告する旨を会社に伝えることを忘れないようにしましょう。

会社によっては年末調整を行なう際に確定申告を自分でするかどうか聞かれますので、その際「自分でする」と回答するようにしましょう。

なぜ副業でも確定申告をしなければいけないのか

副業で稼いだお金も確定申告することが必要になります。その理由は、収入が増えている分、支払うべき税金も増えるから。

副業分だけ確定申告しないとなると、副業分も含めた全収入を確定申告している人に比べて税金額が少なくなってしまいます。真面目に申告した人だけ税金額が多くなって、隠した人が少なくなるのは不公平ですよね。公平で正確な税計算を行うため、副業でもきちんと確定申告をすることが必要となります。

副業で確定申告が必要になる人・必要でない人

副業を行なっていたら、全員確定申告をしなければならないのでしょうか?いいえ、そうではありません。

副業で確定申告が必要になる方は、すごく簡単に言ってしまうと「副業の所得が20万円以上ある人のみ」です。

ここでポイントとなってくる点は、売上ではなく所得であるということ。副業の売上として自分が受け取った金額(売上)から、材料費やノート代など経費を差し引いた所得額が20万円以上の人となります。

ただし、20万円以下の方でも住民税の申告は必要になるので、その点は注意しましょう。20万円以下で不要となるのは、所得税の確定申告のみです。

参考:No.1900給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁

副業で初めて確定申告をする場合の注意点

副業で初めて確定申告を行なうことになった方が、本業分の申告を行なう際に注意しなければならない点は2つです。

1.本業の会社に源泉徴収票を発行してもらう

まず一つ目は、本業の会社に源泉徴収票を発行してもらう必要があることです。源泉徴収票とは、会社から支払われた給与・賞与の総額、源泉徴収された税金額、勤務先の会社名などが記載された書類のこと。

取得方法は会社によって異なっていますが、給与を担当している部門や総務部が主幹となっているケースが多いです。もし取得方法がわからなければ、確定申告について社内に発信をしている部門へ問い合わせするようにしましょう。

2.ふるさと納税のワンストップ特例に注意する

続いて二つ目。それは、ふるさと納税を「ワンストップ特例」にしないことです。ふるさと納税のワンストップ特例制度は、「確定申告の不要な給与所得者等」が利用できるもの。確定申告をする人は該当しません。

そのため、もしワンストップ特例制度に申し込んだまま確定申告をしようとすると、ふるさと納税分の寄付金控除に必要な寄付金受領証明書が手元になく、記入をすることができません。つまり、寄付をしたという証明書がないため、寄付金の控除が受けられなくなります

せっかく寄付をしたのですから、控除は受けたいもの。副業で確定申告をする必要のある人は、ふるさと納税を申し込む際に「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れないよう気をつけましょう。

参考:ふるさと納税のしくみ|総務省 ふるさと納税ポータルサイト

副業の確定申告って具体的に何をすればいいの?

副業で必要な申告は、本業分の申告と、副業分の申告の2つ。どちらも一式の書類で行うことができますので、申告回数としては1回だけで済みます。

副業の申告は、どのような副業を行なっているのか・課税売上高がいくらあるのかによって、記載すべき項目や必要となる準備が若干異なってきます。

今回の記事でそのすべてを紹介しきることはできないため、本記事では、ブロガー・ライター・フォトグラファー・イラストレーター・プログラマー・クリエイター・動画編集などの事業所得かつ課税売上高1,000万円以下で消費税の申告はなしの場合に絞って話を進めていきます。

加えて、本業は一般企業のサラーリーマン(給与所得)であると仮定しておきます。

1.本業の確定申告に必要なものを集める(給与所得・控除関係など)

まずは、本業分の確定申告で必要となる書類を集めてください。本業の源泉徴収票、生命保険料控除のはがき、医療費控除の領収書などが該当します。

基本的にこれらの書類は、毎年、会社へ原本やコピーを提出しているものと同じになります。そのため、詳細は割愛させていただきます。

2.副業の決算書類を作る

副業で確定申告をする際の一番の曲者。それが、決算書類の作成です。

確定申告を作成するには、売上額・仕入額、そして経費の額を正確に把握している必要があります。そのため、BS(貸借対照表)・PL(損益計算書)の作成は必要不可欠。

簿記がわからない人には「会計ソフト」がおすすめ

「BS?PL?よくわからない・・・」という初心者の方は、会計ソフトを利用されることをおすすめします。レシートや領収書の経費の情報、売上・仕入の請求書の情報、銀行やクレジットカードの入出金情報などを入力(仕訳計上)すると、1年分入力が終わる頃には自動的にBSとPLが完成する仕組みです。

一般的な会計ソフトはBS・PLを一から作らなくても、仕訳から連携して自動的に作ってくれます。あとはダウンロートさえすれば確定申告の入力時に利用することができます。

最新の「クラウド会計ソフト」もチェック

「そもそも仕訳の入力方法がわからないよ!」という方には、クラウド会計ソフトの利用がおすすめ。最新のクラウド会計ソフトでは、仕訳や勘定科目といった専門的な内容がわからなくても、買ったものを選ぶだけで仕訳にしてくれる機能があったり、レシートの写真をアップロードすると自動的に仕訳にしてくれる機能があったりします。

利用料は必要になりますが、そのお金は副業の経費に入れることができます。自分で決算書類を作ることに慣れていない初心者の方にはぜひクラウド会計ソフトの導入を検討いただきたいです。ソフトごとに利用できる機能が違っていますので、自分に合ったソフトを選ぶようにしましょう。

3.いよいよ確定申告本番!自分にあった申告方法を選ぼう

資料がそろったら、後は確定申告をするだけ。確定申告は、基本的に申告書に書かれている項目と同じ言葉を資料から探し、数値を転記する作業がメインとなります。

確定申告の方法は主に4つ。

  1. 確定申告書(紙)に自分で記入する
  2. 確定申告書作成会場等に出向く
  3. 自分でe-Tax(確定申告書等作成コーナー)にて入力を行う
  4. 税理士に依頼する

1.確定申告書に自分で記入

ある程度自分で調べながら申告書を作成することができる方向けです。申告書の種類を選んだり、転記する箇所を探したり。基本的には国税庁のホームページに説明がありますので、セルフスタディができる方向けの申告方法です。

2.確定申告作成会場に出向く

各地税務署やその他の場所で開かれている、確定申告書作成会場等に出向いて確定申告を行う方法です。各地に設置された会場で確定申告を行うことができます。会場には確定申告をサポートしてくれる係の方がいますので、いつでもわからないことを質問することができます。「自分一人で確定申告をするのはちょっと不安・・・」という方におすすめの方法です。

3.e-Tax(確定申告書等作成コーナー)で入力する

インターネットで確定申告書類を作成する方法です。国税庁から提供されている確定申告書等作成コーナーにて行うことができます。こちらは自宅にインターネット環境がある方向けの申告方法です。

4.税理士に依頼する

お金に余裕がある方向けの方法になります。必要書類を用意し、税理士に依頼するだけ。確実・正確に確定申告を行うことができます。

参考:令和元年分申告書作成会場等のご案内|国税庁

控除額がお得になる「e-Tax」がおすすめ

みなさん令和2年以降の確定申告から、青色申告の控除額が変更されることをご存知でしょうか?

青色申告の特別控除の控除額は、現在の65万円から55万円へと引き下げられることが決定しています。しかし、e-Taxの場合は違います。e-Taxで青色申告を行う場合は、引き続き65万円の控除を受けることができるのです!

同じ確定申告をするのなら、少しでも控除額は多い方がありがたいもの。令和2年以降の確定申告を行う際は、ぜひe-Taxでの申告にチャレンジしてみましょう!

ただし、e-Taxを利用するにはマイナンバーカードの発行やカードリーダーの購入など事前準備が必要となりますので、e-Taxを利用したい方は計画的に準備を進めるようにしましょう。

参考:No.2072青色申告特別控除|国税庁

まとめ

副業で初めて確定申告を行なう人にとっては、決算書を作ったり申告書を記入したり、「どうしたらいいの?」と戸惑うことがたくさんあります。しかし、一度経験してしまえば大丈夫!次年度からは作業がぐっと楽になります。

答えがある分、副業で20万円以上稼ぐより確定申告の方が全然楽です。確定申告が必要なくらい稼げたあなたなら大丈夫。「難しい・・・」と思ってもめげずに頑張ってみましょう。