フリーランスは失業保険をもらえないって本当?対象になる条件とは

「退職してフリーランスになろう!」そう意気込んで会社を辞める方、ちょっと待ってください。そのライフプランに失業保険を組み込んでいませんか?退職するのだから自分ももらえると、そう思ってはいませんか?

実は、「フリーランスになる・開業する」目的で退職した人は失業保険の受給資格がありません。「え、なんで?」と疑問に思われた方は、退職届を出す前にこちらの記事を読んでみてください。

失業保険とは?

失業保険とは、失業した人に対して支払われる手当のこと。次の仕事が見つかるまでの間、失業手当として一定額を国から受給できます。

失業保険は誰がもらえる?

失業保険は、失業をした人全員がもらえるわけではありません。失業保険をもらうためには受給資格を兼ね備えている必要があります。

失業手当が受けられる人は、失業して転職活動中の人かつ離職以前2年間の間に通算12か月以上雇用保険に加入をしていた人が対象

リストラや倒産で職を失った特定受給資格者や出産・病気などで仕事を辞めざるを得なかった特定理由離職者については、期間が変わってきます。これらのケースは、退職日以前の1年間に通算6か月以上雇用保険に加入していると対象となります。

上記の条件を満たし、かつ転職をする意思がある人のみが失業保険の受給資格をもらえます。他に職を持っている人や、転職をする意思がない人は受給の対象外となります。また、直近で受給実績がある人も受け取ることはできません。

失業保険はいくらもらえる?

失業保険でもらえる金額は、失業前の収入によります。

失業前(=退職前)半年間の給与を足して180日で割った額を「賃金日額」と呼びます。この賃金日額に「給付率」を掛けた額が1日当たりに支給される額となります。

例えば、月収の平均額が30万円の人のケースでは、30万円×6か月÷180日=1万円が賃金日額となります。給付率は、離職前の賃金の約50~80%が設定されています。しかし、給付率は年齢や賃金日額によって利率が変わってきます。

失業保険をもらうにはどうすればいい?

失業保険を受け取るためには、前章の条件を満たした上でハローワークに届け出る必要があります。その後もいくつかステップがありますので、順を追ってみていきましょう。

ハローワークで必要書類の提出と面接

退職をした会社から離職届を受け取ったら、ハローワークを訪れましょう。そこで休職の書類に記入をし、必要書類の提出と面接を受けます。そのときは、離職届を始めとして雇用保険被保険者証、本人確認書類、印鑑、本人名義の普通預金通帳、証明写真、マイナンバーカードを持参する必要があります。

そこで失業保険の受給の資格があると認められれば、失業保険を受けるための説明会の日程を教えてもらえます。

7日間の待期期間と雇用保険の説明会への出席

この説明会は、雇用保険ーつまり失業手当受給に関する説明会です。説明会には必ず出る必要がありますので、面倒だからといってさぼることのないよう注意をしましょう。

説明会の日程は、受給資格の認定から7日間空ける必要があるとされています。この7日間を待期期間と呼び、この期間は転職活動をすることができません。

失業認定日と振り込み

待期期間及び説明会が終わった後は転職活動の開始です。28日間の間に最低2回以上転職活動をする必要があります。

そして指定された日にハローワークに行き、失業の認定を受ける必要があります。この指定日のことを失業認定日と呼び、以降受給資格がなくなるまで28日ごとに繰り返していく必要があります。

この1回目の失業認定日を終えてからやっと失業手当が口座に振り込まれることになります。しかし、ここで注意が必要。退職の理由によって、いつ失業保険が振り込まれるのかが変わってきます。

退職には自己都合退職と会社都合退職の2種類があります。自己都合退職とは、転職や結婚、引っ越しといった理由により自ら望んで会社を辞めた場合が当てはまります。一方、会社都合退職とは、リストラや倒産、パワハラといった会社の都合により仕事を辞めざるをえなかった場合のこと。

会社都合退職の場合は、1回目の失業認定日後1週間程度で口座に失業手当が給付されます。自己都合の退職の場合は、待期期間終了後から3か月間の給付制限があり、その間は失業手当の給付がありません。そのことを忘れないようにしましょう。

知ってた?脱サラしてフリーランスになる人は失業保険の対象外

脱サラしてフリーランスになる。または新しい事業を始める。そのような方は失業保険の給付対象外となりますので注意が必要です。脱サラ後の当面の生活費として、失業保険をあてにすることのないライフプランを設計してください。

なぜ対象外なの?

なぜ失業手当を受け取ることができないのか?その答えは簡単です。フリーランスを目指す人にはすでに転職をする意思はありませんよね。そのため、失業保険をもらうことはできないのです。

失業手当は、仕事を探している人の当面の生活費として支給されるもの。仕事が決まれば支給は終了となります。当然サラリーマンや自営業者のように既に仕事をしている人に支払われることもありません。

これらの場合と同じように、フリーランスになるために脱サラ(=退職)をした人は失業をしている訳ではありません。仕事を始めるための準備をしていると判断されます。そのため失業保険を受け取る資格はないのです。

不正受給はリスクが大きい!

「ちょっとくらいばれないよね」と出来心で不正受給をすることのないようにしてください。不正受給にはリスクがあります。当然のことながら、不正受給がばれた時には受給額以上の額を返金することになります。

不正受給には、就職したのに届け出なかった場合や元から転職するつもりがなかった場合などが該当します。もちろんフリーランスになるために退職したのに退職手当を受給した場合も当てはまることになります。

副業の人は要注意!開業届を出していると失業保険の対象外

「失業保険をもらいながら今後をゆっくり考えよう。」そう考えている副業サラリーマンの方、退職届を出すのはちょっと待ってください。あなたには失業保険の受給資格がないかもしれません。

前述した通り、失業保険は職を失った人が次の仕事を見つけるまでの生活費として支給されるもの。そのため、副業=すでに職を持っていると判断され、失業保険の給付対象外となる可能性があります。特に、退職前から開業届を出して副業をしている人は失業保険の対象外となります。失業保険をあてにして会社を辞めることのないよう注意しましょう。

副業といっても、アンケートサイトで週1円稼いだり、アフェリエイトで月100円稼ぐといった金額のものは対象外です。自分の副業が該当するのかどうかは事前にハローワークにて確認を取った方が賢明でしょう。

まとめ

失業保険は、退職した人が次の仕事を見つけるまでの間、給付される手当。そのため、転職する意志のないフリーランス志望の人や開業準備中の人、またすでに職をもっている副業・兼業の人は受給する資格がありません。失業手当を申請する際には、自分に受給資格があるのかどうかあらかじめしっかり調べるようにしましょう。