ファクタリングの手数料相場はいくら?安く抑える方法は?

売上が立ってから実際に銀行口座に現金が入金されるまでに1ヶ月〜3ヶ月ほど時間がかかりますよね。そのため、「計算上では黒字なのに、資金繰りが厳しい」という状況に陥ることもあるでしょう。

そんな時には、確定した売掛金を手数料を支払うことで買い取ってもらえる「ファクタリング」が便利です。ファクタリングの手数料水準やどうすれば手数料を安く抑えることができるかを紹介します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、取引上で発生した売掛債権をファクタリング会社に手数料を支払い買い取ってもらうことで、決済日前に現金化できるスキームです。

たとえば、100万円の売掛債権があったとして、それをファクタリング手数料10万円で買い取ってもらったとすると、90万円を本来の決済日より前に現金で受け取ることができます。

関連記事:請求書をすぐに現金化!フリーランスも使える「ファクタリング」とは?

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングをするメリットは以下の通りです。

  • 契約者の信用力は関係ない
  • 万が一債務不履行になっても契約者に売掛金を補填する義務はない
  • 最短即日に資金調達できる
  • 不動産などの担保が必要ない

1.契約者の信用力は関係ない

ファクタリングは、ファクタリング会社が売掛債権を買い取るので、契約者の信用力はあまり影響しません。ファクタリング会社にとっては、売掛先がきちんと売掛金を決済できるかが大切なので、そこを重点的にチェックします。そのため、創業したばかりであったり、赤字決算であったりという銀行などの金融機関から融資を受けにくい時でも利用しやすいです。

2.万が一債務不履行になっても契約者に売掛金を補填する義務はない

ファクタリングとよく比べられる手形割引は、万が一手形が不渡りになったら遡求義務が生じ、裏書人や割引人が振出人に代わり支払いをしなくてはいけなくなります。一方でファクタリングの場合は、万が一売掛先が期日に決済できないと言うことがあっても、契約者は補填する義務はないので安心です。

3.最短即日に資金調達できる

銀行などの金融機関からの融資では、申込から実行までに最短でも3週間ほどかかります。しかも、審査に時間がかかったのにも関わらず契約者の信用力がないということで融資を断られることもあるのです。しかし、ファクタリングなら審査もスピーディーで、最短即日の資金調達も可能です。

4.不動産などの担保が必要ない

一般的に融資などの資金調達では、債務不履行(融資の回収ができなかった時)に備え、基本的には不動産担保などを差し入れる必要があります。しかし、創業したばかりの会社や規模が小さい会社では不動産を所有していないことも多く、金融機関からの融資はハードルが高いものになります。

一方、ファクタリングは融資ではないので担保差し入れの必要がないので、「担保提供できるものがない」という場合でも資金調達の敷居が低いと言えるでしょう。

ファクタリングのメリット・デメリットはこちら

「売上はちゃんとあるのに、手元資金が少なくて心配…。」という状況は、事業をする上でよくあることではないでしょうか。資金繰りが悪化すると足元の支払いをどうやって工面しようか考えるなど、ストレスも大きいですよね。そんな時には売掛債権を[…]

ファクタリングは個人事業主でも利用できる?

収入が安定しない個人事業主は、金融機関からの風当たりも厳しく、融資をなかなか受けられないということも多いようです。しかし、ファクタリング会社の中には個人事業主をメインターゲットにしているところもあり、数十万円から買取をしてくれます。

ファクタリング手数料の相場は?

ファクタリング手数料はファクタリングの種類によって異なります。

2社間ファクタリングの手数料

2社間ファクタリングとは、契約者とファクタリング会社で契約を結ぶものです。売掛先にはファクタリングをすることを公言しないので、売掛金が決済される時に一度契約者の口座を介してファクタリング会社に入金することになります。そのため、ファクタリング会社としては契約者に売掛金を持ち逃げされる可能性があり、リスクが大きくなります。ファクタリング手数料は売掛債権の10〜30%が相場です。

また、2社間ファクタリングの場合、二重譲渡防止のために「債権譲渡登記」を行ないます。もし、契約者が色んなファクタリング会社にファクタリングの買取を依頼したとして、登記をしていなければ自分が譲り受けた債権と主張ができなくなってしまうからです。そんなことを避けるために債権譲渡登記は行なわれますが、登記費用(5万円〜8万円)や司法書士への報酬も必要になりますので注意してください。

3社間ファクタリングの手数料

3社間ファクタリングは、契約者・ファクタリング会社・売掛先で契約を結びます。売掛金の決済時に直接ファクタリング会社へ入金されるので、2社間ファクタリングのようなリスクはありません。手数料相場は売掛先の信用力によりますが1〜10%となっており、2社間ファクタリングに比べると低い水準となります。

ファクタリング手数料を安く抑えるにはどうすれば良い?

ファクタリング手数料はファクタリング会社のリスクの大きさにより変わってきます。少しでも手数料を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか?

1.信用力の高い売掛先を選ぶ

上記でも少し説明しましたが、ファクタリングでは契約者の信用力はほとんど関係なく、売掛先の信用力により手数料は決まります。そのため、大手企業や、業績が好調な信用力が高い企業を売掛先として選ぶことで手数料を抑えることができます。

2.3社間ファクタリングを利用する

3社間ファクタリングは、決済時に売掛金が直接ファクタリング会社に入金されるので、ファクタリング会社にとってはリスクが少ないです。売掛先にも相談ができる場合は、ファクタリングを利用したい旨を伝え、協力してもらった方が手数料が安く資金調達ができます。

ただし、「ファクタリングを利用したいということは業績が悪いのかもしれない。」という印象を売掛先に与えるリスクもあります。今後の取引に影響を与える可能性もあるので、その点は注意をして2社間ファクタリングにするか3社間ファクタリングにするかを選んだ方が良いでしょう。

3.リスク分散のために複数ある売掛先のファクタリングを依頼する

ファクタリング会社としては、売掛先1社で500万円のファクタリングをするよりも、1社100万円ずつ500万円のファクタリングをした方がリスク分散できます。なぜなら、売掛先1社が債務不履行になれば500万円分すべてを回収できなくなりますが、5社の場合全てを回収できなくなるということは考えにくいからです。もし、売掛先がたくさんあるのであれば、1社に集中するのではなく、複数社のファクタリングを依頼した方がリスクが少なくなる分手数料も少なくなるでしょう。

ファクタリング会社10社徹底比較

収入が安定しにくい個人事業主・フリーランスにとって資金繰りの悪化は自身の生活にも影響するので死活問題ですよね。しかも、開業したばかりなど実績がない間は金融機関からの融資のハードルは高いでしょう。そんな個人事業主・フリーランスには売[…]

まとめ

本記事では、ファクタリング手数料の相場や手数料を抑えるためにはどうすれば良いかをご紹介しました。

ポイントは以下の通りです。

  • 売掛先の信用力により審査されるため、大手企業や業績好調な企業の売掛債権の買取を依頼する
  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは3社間ファクタリングの方が手数料が安くなる
  • リスクヘッジのためにいくつかの売掛先でファクタリングを依頼した方が手数料が安くなる可能性がある

売掛債権を買取るファクタリング会社としては、売掛債権がきちんと決済されるかというところが一番大切です。そのため、大手企業や業績が良い企業の売掛債権からリスクも少ないと判断され、手数料も安く抑えられます。

また、売掛債権の決済時に一度契約者の口座を経由する2社間ファクタリングより、直接ファクタリング会社に入金される3社間ファクタリングの方がリスクも少なく手数料も安い傾向にあります。

ファクタリングの依頼が1社の場合、その会社が倒産や債務不履行となればファクタリング会社としては現金回収できずに困ってしまいます。その点では複数の売掛先でファクタリングを依頼した方がリスク分散になります。

ファクタリングは気軽で便利ですが金融機関からの融資に比べると手数料が高くなる傾向にあります。今回紹介した手数料が安くなる方法を是非試してみてくださいね。

関連記事:【個人事業主向け】ファクタリング業者おすすめ10社を徹底比較