ファクタリングのメリットとデメリットを比較!融資との違いは?

「売上はちゃんとあるのに、手元資金が少なくて心配…。」という状況は、事業をする上でよくあることではないでしょうか。資金繰りが悪化すると足元の支払いをどうやって工面しようか考えるなど、ストレスも大きいですよね。

そんな時には売掛債権を買い取ってもらうことで現金を手に入れることができる「ファクタリング」という資金調達方法を選択肢に入れてみてください。この記事では、ファクタリングのメリット・デメリット、よく比較される融資との違いについて説明します。

ファクタリングと融資の違いとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に手数料を支払うことにより買い取ってもらい、決済日より早く現金化できる資金調達方法です。決済日にファクタリング会社は売掛債権を売掛先から直接または申込人の口座経由で入金されます。

一方で、銀行などの金融機関からの融資は、申込人に対して審査を行い、返済できる能力があると認められれば金融機関からお金を貸してもらうことができます。

売掛債権担保融資(ABL)と呼ばれる、売掛債権を担保にするタイプの融資もあり、ファクタリングと混同されている方もいらっしゃるかもしれません。売掛債権担保融資は売掛債権を担保に入れることにより、なんらかの事情でお金を返せなくなった場合には担保を換金して返済することになります。売掛債権を担保として差し入れますが、他の融資と変わりなく申込人自身が融資の返済を行うのです。

このように債権を買い取ってもらうファクタリングと金融機関からお金を借りる融資は、全く異なるタイプの資金調達方法なのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングにはたくさんのメリットがあります。どのようなメリットがあるのでしょうか。

審査が早く最短即日で資金調達可能

ファクタリングは、融資に比べると審査が早いのが特徴です。一般的に新規で融資を行う場合は、申し込みから融資の実行までに3週間程度を要します。また、審査に時間がかかったのにも関わらず、「信用力がない」と判断されると融資を断られることもあるのです。

一方、ファクタリングは契約者とファクタリング会社で契約を結ぶ2社間ファクタリングの場合は、最短で即日資金調達が可能な会社もあります。そのため、「すぐにでもお金が欲しい!」という事情がある時にはファクタリングの方が向いています。

信用力は売掛先による

銀行などから融資が受けられるかどうかは、融資を受ける債務者(申込人)の信用力により決まります。しかし、ファクタリングの場合は買い取ってもらう売掛債権が決済されるかが重要になるので、売掛先の信用力の方がが重要です。

売掛先の信用力によりファクタリングの可否、手数料の金額が決まるのでなるべく信用力の高い売掛先の売掛債権をファクタリングしてもらうと良いといえるでしょう。特に、個人事業主やフリーランスの場合は、銀行融資を受けるのは難しいこともあるので、ファクタリングの方が利用しやすいといえます。

保証人・担保不要

一般的に銀行などで融資を受ける場合は、債務不履行(債務者が融資の返済ができなくなってしまうこと)に備えて、保証人や担保を差し入れます。もし債務者が返済できなくなったら、担保として差し入れていた物件を換金して残りの返済に充てるのです。

一方、ファクタリングの場合は保証人や担保は必要ありません。そのため、創業したばかりで担保に差し入れるような物件を所有していなかったり、保証人をお願いできる人がいなかったりする場合にはファクタリングがおすすめです。

売掛先が債務不履行になっても返済義務なし

ファクタリングは、売掛先が債務不履行となり売掛債権を回収できなかったとしても、申込人に返済の義務はありません。売掛先の信用力が低いと判断されれば、債務不履行となるリスクを織り込んだ手数料設定をするのです。そのため、手数料さえ支払い売掛債権を買い取ってもらうことができれば、その後のことは気にしなくて良いという点では安心です。

2社間ファクタリングの場合相手に知らせる必要がない

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。3社間ファクタリングの場合は、申込人・売掛先・ファクタリング会社で契約して、売掛債権の決済時にはファクタリング会社に直接決済したお金が振り込まれます。

2社間ファクタリングは、債権譲渡登記を行うことにより売掛先に知らせる必要なくファクタリングを行うことができます。2社間ファクタリングは一度申込人の口座を経由してファクタリング会社へ入金となるので、ファクタリング会社としてはリスクが高くなりますが、手数料を上げるなどして調整します。

オフバランス化が可能

オフバランス化とは、貸借対照表から不要な資産や負債を減らすことをいいます。銀行融資などで資金調達を行うと貸借対照表上で負債が増えることになり、見栄えは良くありません。

ファクタリングを行う場合は、貸借対照表上で見ると資産の項目にある売掛金が減少し、同じく資産である現金が増えることになります。財務状況を見るときには、現金保有率も健全な経営ができているかのバロメーターになるので、負債を増やさずに財務状況をよく見せたいならばファクタリングの利用がおすすめです。

ファクタリングのデメリット

では、ファクタリングのデメリットはあるのでしょうか?

手数料が高い

特に2社間ファクタリングを利用する場合は、審査が早いなどのメリットもありますが、ファクタリング会社のリスクも高くなるので手数料水準も上がってしまいます。そのため、手数料が気になるのであれば売掛先に理解してもらい3社間ファクタリングにした方が良いでしょう。

債権譲渡登記に費用がかかるケースも

2社間ファクタリングを行う場合は、債権譲渡登記が必要となり、その分費用がかかってしまいます。1件につき7,500円 (債権個数5,000個以下の場合)登記の実費としてかかり司法書士に登記を依頼すると別途報酬として約5万円が発生することは覚えておいてください。

売掛債権の範囲でしか資金調達できない

融資の場合は、利用したい金額に対して審査が下りれば、大きな金額を借りることも可能です。しかし、ファクタリングの場合は、買い取ってもらう売掛債権の範囲でしか調達はできません。そのため、設備投資などで大きな金額が必要な場合などには向かないです。

ファクタリング会社10社比較

収入が安定しにくい個人事業主・フリーランスにとって資金繰りの悪化は自身の生活にも影響するので死活問題ですよね。しかも、開業したばかりなど実績がない間は金融機関からの融資のハードルは高いでしょう。そんな個人事業主・フリーランスには売[…]

まとめ

ファクタリングは融資と比べると以下のようなメリットがあります。

  • 審査が早く最短即日に資金調達可能
  • 審査は売掛先の信用力により、申込人本人の信用力が低くても資金調達可能
  • 融資では必ず必要となる保証人・担保を差し入れる必要がない
  • もし売掛先が債務不履行となり売掛債権を決済できなくても申込人に返済の義務はない
  • ファクタリングを利用することにより貸借対照表のオフバランス化が可能に

ファクタリングの方が手数料水準が高いなどのデメリットもありますが、なかなか信用力が評価されにくい個人事業主やフリーランスにとって銀行からの融資はハードルが高いものです。

また、売掛先の信用力が高いと判断されれば、自分で融資を受けるより費用は少なくなる場合もあります。そのため、審査も早く売掛先の信用力でジャッジされるファクタリングの方が利用しやすいと言える場合もあるでしょう。

個人事業主やフリーランスに特化したファクタリング会社などもあるので、複数に審査を依頼して条件が良い会社にファクタリングを申し込むのが良いかもしれません。