フリーランス向けクレジットカード5選!審査に通るポイントも解説

フリーランスになって、よくある悩みはクレジットカードの審査になかなか通りづらいこと。

学生時代や会社員時代は審査に落ちることがなかったので、疑問に感じている人も多いかもしれません。

この記事では、フリーランスがクレジットカードの審査に通りにくい理由、カードの審査に通るためのポイント、フリーランスにおすすめのクレジットカードを紹介します。

この記事を読むことで、どうすればフリーランスでもクレジットカードを作れるのかわかるようになるので、ぜひ読んでみてください。

フリーランスはクレジットカードの審査に通りにくい

フリーランスは会社員やアルバイトと比べると審査に通りにくいと言われています。

その理由は収入が安定しているとみなされないことや収入があることを証明できない人も多いからです。

収入が安定しているとみなされないから

フリーランスは、収入が安定されているとはみなされないことが多いです。その理由は毎月の売上が不安定だから。

例えば、先月の収入が100万円でも、次の月には30万円に大きく減るということもよくあります。そのため、年収が高いフリーランスでもカードの審査に落ちる人も多くいるのです。

また、フリーランスは、仕事をしなければ報酬が発生しないため、病気や怪我をしてしまうと、収入が激減します。そのような理由もあり、フリーランスは会社員と比べると審査が厳しくなるのです。

収入があることを証明できない人も多い

フリーランスは、必ずしも個人事業主の届け出をする必要がないので、なろうと思えば誰でもなれる職業です。そのため、税金に関する知識が不足している人もいます。

クレジットカードは、収入が安定している人でないと審査に通りにくいので、収入があることを証明できなければ、カードの審査に通るのは難しいです。

できれば、フリーランスになる前に作っておく

このようにフリーランスは会社員よりもクレジットカードの審査が厳しい傾向があります。

これからフリーランスになる予定であれば、会社員やバイトの仕事を退職する前にカードを作っておいたほうが良いでしょう。

そうすることで、フリーランスになってからカードを作れず焦ることはなくなります。

フリーランスでもクレジットカードの審査に通る可能性はある

クレジットカード会社は、フリーランスに対して厳しく審査を行っています。しかし、全くカードを作れないわけではありません。

審査が厳しくないカード会社フリーランス・法人向けのカードを提供しているクレジットカード会社であれば、カードを作ることが可能です

フリーランスでもクレジットカードの審査に通るための6つのポイント

フリーランスでもクレジットカードの審査に通るためのポイントは以下の6つです。

  1. 信用情報に問題がないことを確認する
  2. 個人事業主の届けを申請する
  3. 収入が安定するように実績を作る
  4. 収入を証明できる書類を用意しておく
  5. キャッシング枠を0で申請する
  6. 固定電話番号も登録する

順番に解説します。

1.信用情報に問題がないことを確認する

収入が安定していても「信用情報」に問題があれば、ほぼ100%カード会社の審査に通りません。

過去に「滞納」「延滞」「債務整理」などをした場合は、信用情報機関の履歴が消えるまでは、新たにカードを作るのは難しいです。


CICJICC
61日以上の延滞や
3ヶ月以上の延滞
完済から5年完済から1年
債務整理完済から5年完済から5年
個人再生開始から5年開始から5年
自己破産免責決定日から7年免責決定日から5年

また、信用情報機関の履歴が消えていても「クレジットヒストリー」が一定期間なければ、カードの審査に通る可能性は低いです。

クレジットヒストリーとは、過去のカードやローン契約の取引履歴のこと。毎月きちんと支払いをしていれば、クレジットヒストリーが付きます。

自分の信用情報が気になる場合は、各個人信用情報機関で手続きをすれば、開示請求が可能です。

2.個人事業主の届けを申請する

「個人事業主の届け出」は個人ではなく屋号での届け出もできます。そのため何の届け出もなく個人事業主としてやっているよりも社会的信用が得られやすいです。

カードの申込時に無職の人が勤務先欄を自営業と記載するケースもあります。きちんと仕事をして収入を稼いでいることをアピールするためにも、個人事業主の届け出は出しておきましょう。

3.収入が安定するように実績を作る

フリーランスは、収入が安定しているという評価を得られなければ、カードの審査に通りづらいです。

そのためには、以下の方法で収入を安定化させることが必要です。

  • 仕事を増やして収入を上げる
  • 継続的な取引先を増やす

収入が高い水準であれば、カードの「利用限度額」なども上げられます。

継続的な取引先を増やすメリットは、収入が確保できることだけではありません。複数の取引先があれば、万が一、契約を切られてもリスクを分散できるのです。

4.収入を証明できる書類を用意しておく

カード会社によっては、審査時に「収入証明書」の提出を求められます。収入証明書は「確定申告書の控え」があれば大丈夫です。

ただ、筆者の経験では、クライアントとの「業務委託契約書」の提出を求められたこともあります。

契約書があれば、仕事をしていて収入がある証拠にもなるので、契約書も大事に保管しておきましょう。

5.キャッシング枠を0で申請する

どうしてもクレジットカードが欲しい場合は「キャッシング枠」を0で申請してください。

なぜなら多くのクレジットカード会社では、資金繰り目的でのキャッシングを禁止しているから。

キャッシング枠を高く設定すれば、事業が行き詰まった時に、資金繰り目的で借りられるという印象を与えかねません。

キャッシング枠を0で申請することで、少しでも審査に通る確率を上げましょう。

6.固定電話番号も登録する

申込書の電話番号には「固定電話の番号」も登録すれば、多少審査に通りやすくなります。

携帯電話の変更は簡単ですが、固定電話の変更は引っ越しをしなければ難しいので、信用もがやや高くなります。

もし、自宅に固定電話がある場合は、忘れずに記載しましょう。

クレジットカードを個人用と事業用で分けたほうが良い5つの理由

クレジットカードを個人用と事業用で分けるべき理由は5つあります。

  1. 確定申告が楽になる
  2. 個人用は申告の必要ないが、兼用の場合は面倒
  3. 節税が可能
  4. 限度額が上がる
  5. ビジネスをサポートする機能がついている

順番に解説します。

1.確定申告が楽になる

個人用カードと「事業用カード」を分けておけば、確定申告が楽になります。

事業用カードの費用=経費となるので、クラウド会計ソフトを利用する際も、同期するだけで経費の計算が可能です。

また、明細書をそのまま領収書代わりに経費申請できるので、領収書の発行が難しい場合でも安心して利用できます。

2.個人用は申告の必要がないが、兼用の場合は面倒

個人用のカードは、事業に関係ない費用であれば、確定申告時に記帳する必要はありません。

ただ、個人用のカードに使用目的と事業目的の費用があると、事業目的で利用した費用がわからなくなります。

混乱を避けるためにも、個人用と事業用のカードを1枚ずつ作るべきです。

3.節税が可能

通常クレジットカードの年会費は、事業に利用した頻度などをもとに「按分」します。そのため、私用目的でも利用しているカードの年会費は、全額を経費にできません。

しかし、法人カードを作って、事業に関連のあることだけに利用すれば、年会費の全額を経費にでき、按分で計算をする手間も省けます。

さらに、カードを利用した際にもらえるポイントには税金も掛からないので、ポイント分の節税も可能です。

4.限度額が上がる

個人用カードの一般的な限度額は数十万円〜100万円前後です。しかし、事業用カードでは限度額が最大で300万円〜500万円のカードもあります。

カード名最大限度額
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード500万円まで
テックビズカード300万円まで
EX Gold for Biz S300万円まで

さらに、法人カードでは、資金繰り改善のためにキャッシング機能を使うこともできます。

そのため、資金繰りに不安がある個人事業主にとっては、法人カードも作った方が、資金調達の幅を広げることができます。

参考:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード / テックビズカード / EX Gold for Biz S

5.ビジネスをサポートする機能がついている

法人カードでは、フリーランスのビジネスをサポートする機能がついているカードも多くあります。

例えば、弁護士や税理士への相談が時間限定で無料になったり、ビジネスシーンで役立つサービスの割引があったりなどのサービスがついています。

もちろん、利用でポイントがつくカードや旅行保険などがついているカードもあるので、個人用としても十分な機能を持っているカードが多いです。

フリーランスにおすすめのクレジットカード5選

フリーランスにおすすめのクレジットカードを個人用・法人用に分けて紹介します。フリーランスの方で、まだクレジットカードを作っていない人は、ぜひ参考にしてみてください。

1. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードをおすすめする理由は4つ。

  • 法人口座の名義を引き落とし口座にできる
  • ビジネスに役立つ特典を優待料金で利用できる
  • 顧問弁護士の費用を割引価格で利用可能
  • クラウド型会計ソフトfreeeの利用料金が2ヶ月無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、さまざまなサービスを優待価格で利用できるだけではありません。

顧問弁護士の費用や会計ソフトfreeeの利用料金が割引になるなどの特典も揃っています。

参考:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

2.テックビズカード

テックビズカードをおすすめする理由は4つ。

  • 確定申告代行サービスやコワーキングスペースの利用料金が割引
  • ポイント還元率が1.1%と高め
  • フリーランスでも将来マイホームが得られるサービスがある
  • 「ビジネスサポートプラン」や「CREST for Biz」と同時申し込みで金利が優遇

テックビズカードはITフリーランスのみが作れるカードです。

ポイント還元率が他のフリーランス向けカードと比べても高い還元率で、各種提携サービスの利用でもポイントが還元されます。

さらにフリーランスは、住宅ローンの審査に通過しにくいですが、「家賃が実る家」と呼ばれるサービスを利用して長く住めば、マイホームが手に入ります。

参考:テックビズカード

3.EX Gold for Biz S

EX Gold for Biz Sをおすすめする理由は3つ。

  • 支払い方法が柔軟
  • ビジネスシーンで利用できるサービスの割引が受けられる
  • ポイント還元率が0.6%〜1.1%

EX Gold for Biz Sは個人事業主向けのカードです。さまざまな優待サービスが受けられるほか、法人カードであるにも関わらず、分割支払いやリボ払いにも対応しています。

資金繰りに不安がある場合は申し込んで損がないカードです。

参考:EX Gold for Biz S

4.ライフカード(年会費あり)

ライフカード(年会費あり)をおすすめする理由は3つ。

  • 信用情報に自信がなくても審査に通る可能性が高め
  • 通常のライフカードと同じくポイントやサービスが付く
  • 弁護士無料サービスつき

ライフカード(年会費あり)は、信用情報に自信がなくても作れる可能性が高いため、個人カードとしておすすめのカードです。そのため、クレジットヒストリーの実績を作りたい人にぴったり

ただし、キャッシング枠をつけられないので、注意してください。

参考:ライフカード(年会費あり)

5.ACアコムマスターカード

ACアコムマスターカードをおすすめする理由は3つ。

  • カードの審査が他社よりも厳しくないカード
  • 最短即日でのカード発行が可能
  • カードローンが付帯している

ACアコムマスターカードは、カードの審査が厳しくないカードです。また最短即日でのカード発行も可能なので、個人用カードをすぐに作りたい人におすすめです。

参考:ACアコムマスターカード

まとめ

ここまでフリーランスのクレジットカードの審査について解説してきました。

ポイントは、

  • フリーランスはクレジットカード審査に通りにくい理由は収入が安定しないから
  • 収入を証明できる書類などはきちんと用意しておく
  • クレジットカードは個人用と事業用で分けた方がよい
  • おすすめのカードは、フリーランス向けのサポート機能が付帯しているカード

このように、フリーランスでもクレジットカードの選び方に気をつければ、クレジットカードの審査に通る可能性はあります。